「ざぼん」を使った弊社商品は こちら

●龍の泪(長崎ざぼん 320㎖、ざぼん 150㎖)

 「ざぼん」はポルトガル語のZamboa(ザンボア)が語源で東南アジアが原産の果実です。

 1667年にジャワより唐船 船長(周九娘)により長崎に伝えられ西山の地に植えられ現在も長崎で永々と伝承されている、まさに海を渡って来たエキゾチックな渡来果実です。

 ブンタンや晩白柚などとして九州各地で作られている「ざぼん」の種類としては別種類の品種です。 

 長崎で生産されている「長崎ざぼん(紅まどか)」と呼ばれる品種自体は1993年に登録された新品種で食味がよく耐寒性があるのが特徴の果実です。もちろん収穫したての「長崎ざぼん」は酸味が強い為に数ヶ月間の貯蔵し酸味を減らした後に出荷されます。

※当社の「ざぼん」は規定の糖度に達し酸味を減らした「ざぼん」を摘果し冷凍保存したものを使用しています。